正しい愛犬のしつけ方法
2010年07月18日

愛犬のしつけ 問題行動の原因と改善

愛犬のしつけ 問題行動の原因と改善


Disc3:問題行動の原因と改善

愛犬の問題行動の原因とその改善方法を
セットで伝授します。

犬の正しい知識を覚えて、改善方法をおこなう
ことで、愛犬の問題行動は減っていきます。

要求吠え、無駄吠え
犬の習性を知り、その習性を逆に利用して改善していきます。
家族が食事している時に吠える
ある2つのことをするだけで、この問題は改善していきます。
電話やチャイムに吠える
犬の警戒本能でこの問題は起きています。こういう時こそ、飼い主さんが
リーダーシップを発揮しましょう。
来客に吠える
これも飼い主さんがリーダーシップを発揮しましょう。また、来客に吠えなくても、はしゃいで、走り回っている行為は、歓迎しているのではありません。
ハウスの中で吠える
犬は非常に記憶力のよい動物です。
やってはダメなこと、やるべきことをお伝えします。
唸ったり、噛む
この問題行動がひどい場合は、しつけを見直さなければなりません。
3大しつけ法を1から行う必要があります。
愛犬に触ると噛む
主従関係を1から築く必要があります。3大しつけ法を行いつつ、
やるべきことを教えます。少しずつ慣らしていきましょう。
食事中に手を近づけると噛む
用心深い犬ほど起こる問題ですが、改善する方法を教えます。
お利口に留守番ができない
群れで行動する習性をもつ犬は、1人で居ることは苦手です。
犬が安心して留守番できる方法を教えます。
トイレのしつけができない
トイレのしつけができない原因と改善方法をお伝えします。
ペットシーツのことやトイレの最適な場所を教えます。
特に愛犬が自分の排泄物をかくす、又は、食べる場合は、
今すぐに行っていただきたい方法です。



正しい愛犬のしつけ方法
posted by 愛犬しつけ方法 at 07:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。